訪問リハビリテーション 4-02号 2014年6・7月(通巻20号)

価格: ¥2,200 (税込)
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

twitter

特集【世界の訪問リハビリテーション】

巻頭言「世界の訪問リハビリテーション」
塩中 雅博(訪問リハビリテーション振興財団 理事・ポシブル医科学株式会社 代表取締役・畿央大学健康科学部理学療法学科 特任教授 理学療法士)

リハビリテーション海外視察団の活動を通じて
松井 一人(公益社団法人 日本理学療法士協会 理事・一般財団法人 訪問リハビリテーション振興財団 理事・有限会社ほっとリハビリシステムズ 代表取締役 理学療法士)

■発展途上国における在宅リハビリテーションの現状
 1)南米2カ国(ウルグアイ・ボリビア)における在宅リハビリテーションの紹介
 幸福 秀和(東京医療学院大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 教授 作業療法士)
 2)マレーシアにおける在宅リハビリテーションの現状
 小林 義文(福井県立病院 リハビリテーション室 理学療法士)

■先進国における在宅リハビリテーションの現状
 1)アメリカ(イリノイ州)における在宅リハビリテーションの実際
 真鍋 阿紗子(医療法人永広会 八尾はぁとふる病院 理学療法士)
 2)フランスにおける在宅リハビリテーションの現状
 立花 祥太朗(PT診療所 個人経営者・パリ理学療法専門学校ECOLE D’ASSAS非常勤講師・日仏理学療法海外コンサルタント 理学療法士)

■活動紹介
 1)アジア理学療法学生協会(APTSA)の活動からみえた地域リハビリテーション教育の現状
 山本 純志郎(畿央大学大学院 健康科学研究科 研究・APTSA-Japan (Supporting member) 理学療法士)
 2)在宅リハビリテーション教育と若手理学療法士の活動
   ~アジア理学療法学生協会(APTSA)を経験して~
 上田 和輝(ポシブル医科学株式会社 ポシブル豊中店・APTSA-Japan (Supporting member) 理学療法士)
 3)JICA 青年海外協力隊 過去~未来
 小林 義文(福井県立病院 リハビリテーション室 理学療法士)
 4)Community Based Health Care 我が国がめざす地域健康
 吉村 和也(厚生労働省保険局保険課・理学療法士)

■インタビュー
 介護保険導入後の韓国と介護保険導入間近の台湾における訪問リハビリテーションを支える制度
 荒井 秀典(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専科 教授)
 塩中 雅博(ポシブル医科学株式会社 代表取締役・理学療法士)



【連載】

『リハビリテーションスタッフのありがとう評価』

インタビュー:訪問リハマインド「日本のリハビリテーションの今後」
小山 樹(株式会社ジェネラス 代表取締役・理学療法士)

調査・報告8
「訪問リハビリテーションサービス利用者の生活実態調査(その3)」

眞鍋 克博(帝京科学大学 医療科学部 准教授・理学療法士)

生活動作の中での運動学②
「坐位姿勢と上肢運動における運動学とその評価」

栗山 努(株式会社アールケア・理学療法士)

症例報告
「訪問リハビリテーションにおける脳幹出血患者の長期介入において訪問介護サービスとの連携により生活機能向上・介護負担軽減に至った一症例」

吉本 與史一(有限会社ほっとリハビリシステムズ・理学療法士)

施設の紹介「医療法人メディライフ あべクリニック」
森 敬司(理学療法士)


<ISBN>
978-4-905241-20-1




カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

geneリンク

ページトップへ