これまで出た本・これから出る本

(定期刊行誌)脳卒中リハビリテーション

季刊脳卒中リハビリテーション創刊!
「いま」だからこそ臨床に必要な実践知を――



脳血管障害は、65歳以上が要介護の状態になる原因の1位(平成22年厚生労働省調べ)であり、セラピストが臨床で担当する機会が最も多い症例といえます。
本誌では急性期から回復期、生活期までを縦断的に捉え、最新の療法情報をセラピストに提供することで、脳卒中患者のQOL向上の一助となることを目指します。

季刊「脳卒中リハビリテーション」2018.05.15刊行(年4回/2,500円+税(送料込)/年間購読10,000円(税+送料込)
編集委員/吉尾雅春、勝谷将史、増田知子、竹林崇

【特集一覧】
創刊号 手段としての歩行(2018.5.15)
第二号 歩行と装具(2018.8.15)
第三号 歩行補助具(2018.11.15)
第四号 意思決定(2019.2.15)

創刊にあたり、編集委員のコメントを下記にご紹介いたします。
商品ページはコチラ

また、編集委員の増田知子先生によるセミナーが3月に開催されることとなりました!詳細はコチラ

geneリンク

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ