これまで出た本・これから出る本

神経難病リハビリテーション―100の叡智―

気鋭のセラピスト達が伝える神経難病リハの今。
100を超える「臨床の叡智」を凝縮。
現場ですぐに役立つ、総勢26人の著者による「なぜ」「どうして」の知識がこの一冊に!セラピスト必読です。

神経難病リハビリテーション―100の叡智―
2018年4月15日発売予定
B5/400P予定/ISBN978-4-905241-82-9/5500円+税
[編・著] 国立精神・神経医療研究センター  リハビリテーション科 理学療法主任 寄本 恵輔
[著者一覧] 浅川孝司、有明陽佑、池田 恵、石田恭子、岡田洋平、小川順也、勝田若菜、加藤太郎、菊地 豊、北野晃祐、近藤夕騎、芝崎伸彦、新明一星、鈴木一平、高橋奈保、坪内綾香、中柴 淳、中山慧悟、花井 亜紀子、春山 幸志、板東杏太、望月 久、本間里美、本間武蔵、山本直史

商品ページはコチラ

↓特設サイトは目次をクリック↓

(定期刊行誌)脳卒中リハビリテーション

季刊脳卒中リハビリテーション創刊!
「いま」だからこそ臨床に必要な実践知を――



脳血管障害は、65歳以上が要介護の状態になる原因の1位(平成22年厚生労働省調べ)であり、セラピストが臨床で担当する機会が最も多い症例といえます。
本誌では急性期から回復期、生活期までを縦断的に捉え、最新の療法情報をセラピストに提供することで、脳卒中患者のQOL向上の一助となることを目指します。

季刊「脳卒中リハビリテーション」2018.05.15刊行(年4回/2,500円+税(送料込)/年間購読10,000円(税+送料込)
編集委員/吉尾雅春、勝谷将史、増田知子、竹林崇

【特集一覧】
創刊号 手段としての歩行(2018.5.15)
第二号 歩行と装具(2018.8.15)
第三号 歩行補助具(2018.11.15)
第四号 意思決定(2019.2.15)

創刊にあたり、編集委員のコメントを下記にご紹介いたします。
商品ページはコチラ

また、編集委員の増田知子先生によるセミナーが3月に開催されることとなりました!詳細はコチラ

リハビリテーション×ライフ

リハスタッフ(PT,OT)、建築、インテリアのプロフェッショナルの知識が集結!
理想の暮らしを諦めない」住環境整備の実用書。
よりよい住環境整備のために。
不便を解消するだけでない、マイナスの状態をプラスへ引き上げる暮らしを目指すノウハウは勿論、その人らしさを彩るためのインテリアのアイデア、手法等も紹介。
バリアフリーや家を補修する「だけ」という常識を覆し、クライエントが自分らしく、自由に生きるための住宅改修を医療スタッフと建築士の視点からご紹介します。
商品ページはコチラ

5分以内で助けよう! 誤嚥・窒息時のアプローチ

●5分以内で助けよう!誤嚥・窒息時のアプローチ
井上 登太 編著/A5判/144ページ
「目の前で窒息事故が起こった。でも、動けなかった……」をなくしたい!


呼吸器内科を中心に活躍中の現役医師が記す、「いざという時」に役立つ、つまらせないための本。
突然起こる患者の誤嚥、窒息時に身体がすぐ動く、助けるための心得の手技を、クマ先生がわかりやすく解説します。
医療スタッフだけでなく、福祉、介護スタッフにもおすすめです(続刊発売決定しました!)。
また、著者の井上登太先生による実技セミナーも大好評開催中です!詳細は➡コチラ


geneリンク

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ