通所介護 個別機能訓練加算マニュアル

価格: ¥4,860 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

平成27年度介護保険改正に対応!! 

平成27年度介護保険改正に対応した最新の実例をもとに
個別機能訓練加算(Ⅰ)と個別機能訓練加算(Ⅱ)のそれぞれの
計画の立て方や、アセスメントの取り方、実施時のリスク管理など
を分かりやすく解説した、デイサービスに勤務する方々が知っておかなければ
ならない情報を網羅したマニュアルです。


【編集】
株式会社gene

【執筆者】
大月 博(株式会社 アール・ケア 常務取締役/作業療法士)
小幡 匡史(合同会社 Think Body Japan 代表社員/理学療法士)
笠羽竜太郎(有限会社 ほっとリハビリシステムズ 介護事業予防担当/理学療法士)
川口 陽平(株式会社 ジェネラス/理学療法士)
川副 巧成(Total Habilitation System 株式会社 代表取締役/理学療法士)
楠元 寛之(アルテンハイムリハビリテーションクリニック本町 課長/理学療法士)
小林 裕和(有限会社 ふらむはぁとリハビリねっと 副社長/理学療法士)
坪井 純也(株式会社 ジェネラス/理学療法士)
(敬称略・50音順)

【目次】
第1章:個別機能訓練とは
    1.個別機能訓練の言葉の解釈
    2.個別機能訓練の目指すべき姿
    3.多職種協働の取り組み方
    4.個別機能訓練加算(Ⅰ)と(Ⅱ)の違い

第2章:人員配置の考え方
    1.理想の配置
    2.人員配置の工夫

第3章:計画の立て方
    1.個別機能訓練の概要と,個別機能訓練加算(Ⅰ)
    2.個別機能訓練加算(Ⅱ)
    3.個別機能訓練加算における居宅訪問
    4.個別機能訓練,見える化への取り組み

第4章:アセスメントの取り方
    1.アセスメントの必要性
    2.アセスメントにおける多職種協働
    3.アセスメントを取る際の工夫

第5章:実施時のリスク管理
    1.動かないリスクと動くリスク
    2.運動前後に必要なアセスメント
    3.バイタルサインなどのデータを見る際の落とし穴
    4.通所介護に携わるセラピストに求められる能力

第6章:取り組み事例
    1.個別機能訓練加算(Ⅰ)の取り組み方~多職種協働視点~
    2.個別機能訓練加算(Ⅱ)の取り組み方~生活向上に向けた取り組み~
    3.施設規模ごとの取り組み方
     〈小規模・通常規模・大規模〉
    4.疾患別の取り組み事例
     〈脳血管障害・難病・大腿骨頸部骨折・多発性脳梗塞・パーキンソン症候群
      脳出血後遺症〉

第7章:Q&A

法令原文


<体裁・発行日>
B5判 
2016年03月15日発行


<ISBN>
978-4-905241-92-8





<ISBN>




geneリンク

お詫びと訂正

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【年末年始の出荷および営業について】
誠に勝手ながら、gene book webでは下記の期間を年末年始休業期間とさせていただきます。
【2017/12/28~2018/1/4】
休業期間中にいただきましたご注文やお問い合わせ等に関しましては、2018年1月5日(木)以降より順次対応させていただきます。

▼年末年始の発送について
ネットショップの年内出荷ご注文受付、最終出荷は2017年12月27日(水)12時までとさせていただきます。
2017年12月27日(水)12時以降~2018年1月4日(木)受付のご注文につきましては、2018年1月5日(金)より順次出荷させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------
●2017年12月27日(水)12時までの受付分⇒2017年12月27日(水)中に発送
●2017年12月27日(水)12時以降の受付分⇒2018年1月5日(金)以降順次発送
---------------------------------------------------------------------------------

ページトップへ